サムスン、初代スマートウォッチ「Galaxy Gear」にTizen OSへ乗り換えるアップデート開始

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

サムスン、初代スマートウォッチ「Galaxy Gear」にTizen OSへ乗り換えるアップデート開始

galaxy_gear.jpg

日本にも適用されるかも?

サムスンは初代スマートウォッチである「Galaxy Gear」に対して、OSを Android から Tizen へ変更するアップデートの提供を開始しました。現在では海外の一部地域で適用が開始されているそうです。

「Galaxy Gear」はGalaxyスマートフォンとペアリングすることで、スマートフォンの各種通知を表示したり、カメラでの撮影、また通話をしたりすることなどが可能でした。

今回のアップデートを適用することで現行機である「Gear2」と外観や機能が同等になることが報告されています。

なお、国内版の「Galaxy Gear」にはまだこのアップデートは配信されていないそうです。ただ海外で配信が開始されたとなると、いずれ日本でも適用されるかもしれませんね。
なお、一度アップデートすると元に戻せないそうなので Android でなければ困るという方は注意が必要です。

Samsung

Samsung GALAXY Gear SM-V700 (Mocha Gray) by au
Samsung
売り上げランキング: 68,179

【SAMSUNG】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する