ソフトバンク、通話定額制プラン「スマ放題」発表。7月1日より提供開始

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソフトバンク、通話定額制プラン「スマ放題」発表。7月1日より提供開始

logo01_m.png

ドコモに対抗、定額制導入

ソフトバンクモバイルは新料金サービス「スマ放題」を、2014年7月1日より開始することを発表しました。6月11日より事前予約申し込みの受け付けが開始されます。

「スマ放題」は、基本使用料だけで国内音声通話が通話時間・回数・相手先を問わず定額で利用できるサービスです。また、データ通信利用状況にあわせて選べる「データ定額パック」もあわせて提供されることが発表されました。

「データ定額パック」は、各パックに設定されたデータ量を使い切れなかった際、その分を次月に繰り越すことができるというもので、データ通信を無駄なく効率的に使うことが可能です。なお、家族でデータ通信量を分け合いたい方に向け「家族データシェア」も提供されます。

料金は以下のようになります


基本料金


sumaho_1.jpg

通話料はどれだけ電話してもスマートフォンで2,700円、従来型の携帯電話で2,200円の月額定額制になります。タブレットプランの場合は1,700円。


データ定額パック


sumaho_2.jpg

データ定額パックには8種類が用意され、そのうち6種が一般的なスマホ向けのプランになります。


「データくりこし」「家族データシェア」について


これらのデータ容量はその月に使い切れなかった場合「データくりこし」により翌月に繰り越すことができます。また、「家族データシェア」を利用することで家族間で分けあう事も出来ます。細かい条件は以下のように。

データくりこし…データ定額パック5~30までが対象、「2」は対象外。100MB単位で以下は切り捨て、繰越分は翌月末まで有効です。

家族データシェア…シェアオプション月額500円、データパック10~30までが対象、「2」「5」は対象外。

なお、データ通信量が超過した場合、請求月末まで通信速度を128Kbpsに低速化されます、ただし1GBごとに1,000円支払うことで通常の速度で利用することが可能です。

※「家族データシェア」は2014年8月1日より提供


家族おトク割


利用する回線数に応じて、各データ定額パックの月額料金が2年間割引となります。
※ただし、「家族データシェア」とは併用できないという意味不明な事になっています。


条件:合計2~10回線で、各データ定額パックのデータ量の合計が10GB以上の場合。

割引額
データ定額パック5/300円
データ定額パック10/1,000円
データ定額パック15/1,500円
データ定額パック20/2,000円
データ定額パック30/3,000円

※「家族おトク割」は2014年8月1日より提供


懸念


ドコモに続き、遂にソフトバンクでも7月1日から定額制の通話料金サービスがスタートします。
auもこの流れに続くと言われており、現在の一般的な基本料金プランでは900円前後で利用することが可能ですが、今後大手3社を選択すれば必ず2700円の基本料金が発生するような状況になることが予想されます。

家族がいて、通話をたくさんするユーザーであれば良いプランかもしれませんが、家族なし・データ通信メインとなると単なる値上げにしかすぎません。今後そういったユーザーを救う受け皿のようなものが用意されるのでしょうか?

プランを切り替えたくないという理由から端末の買い換えすらままならない状況に追い込まれそうです。

Softbank

【SoftBank】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する