子供たちを溺死から守るリストバンド型ガジェット「iSwimband」

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

子供たちを溺死から守るリストバンド型ガジェット「iSwimband」

swim.jpg

水の事故防止に役立つガジェット

子供の主な死亡事故の原因の一つが溺死である事を知っていましたか?なんでもアメリカでは自動車事故を上回る死亡者数なんだそうです。そして悲しい事実として保護者などが目を離した隙にそれは起こっています。

これからの時期に多くなる水の事故を防止するため「iSwimband」というスマートフォンと連動するリストバンド/ヘッドバンド型のガジェットがアメリカで発売されました。

swim2.jpg

「iSwimband」の使い方は、まず専用の無料アプリをダウンロードしてBluetoothでスマホとペアリングを行います。

リストバンドとヘッドバンドの2種類がパッケージには同梱されているので、まだ泳げない子供にはリストバンドタイプを、泳げる子供にはヘッドバンドタイプを装着しましょう。

アプリで「水に入った瞬間に警報」「○○分水に浸かったままなら警報」と設定を行い、監視モードへと移行。万が一、子供が落水した場合や、設定した時間よりも長い時間潜っていた場合はそれらを検知して、管理者のスマートフォンに警報を響かせてくれます。

リストバンド型はペットなどにも利用可。水中ゴーグルなどと同じで着用していてもそこまでの違和感はないとの事です。ここで動画を▼



注意点としては有効範囲は100フィート以上(約30m~)となっており着用者の遊泳中はこの範囲にいなくてはならず、非防水のスマートフォンは対策が必要になるでしょう。電池交換は不可となっており、公称で1年間は持つとされています。
現在はiPhone / iPadなどのiOS端末のみ、Androidは今後の対応を予定。

価格はセンサー1個とリストバンド・ヘッドバンドが同梱され99ドル+送料、日本への発送も行なっています。

iSwimband

【日本正規代理店品】Fitbit One Black ブラック FB103BK-JP
Fitbit (2013-03-15)
売り上げランキング: 3,366

【その他・海外】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する