KDDI、「HTC J butterfly HTL23」発表 1300万画素のデュオカメラ搭載

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

KDDI、「HTC J butterfly HTL23」発表 1300万画素のデュオカメラ搭載

HTC J

後継機登場

KDDIは7月31日、HTC J butterflyの新モデル「HTC J butterfly HTL23」を発表しました。5月に開催された夏モデル発表会にて予告されていた最新モデルがようやく登場します。
発売時期は2014年8月下旬、価格は未定。

それではスペックを見て行きましょう。

HTC J butterfly HTL23


OS:Android 4.4
ディスプレイ:約5.0インチ(1920×1080)
CPU:MSM8974AC/2.5GHz クアッドコア
RAM:2GB
ストレージ:32GB(microSDXC 最大128GB)
カメラ:約1300万画素CMOS・デュオカメラ
前面カメラ:約500万画素CMOS
ネットワーク:キャリアアグリゲーション対応 4G LTE/ WiMAX 2+
通信:Bluetooth 4.0対応、NFC、お財布、フルセグ対応、赤外線
バッテリー:約2700mAh(取り外し不可)
サイズ:145(H)×70(W)×10.0(T)mm
重さ:約156g
カラーリング:ルージュ、キャンバス、インディゴ
その他:防水・防塵



HTCとauがコラボレーションした日本向けのスマートフォンだけあって国内向けの機能は全部入り。

特徴的なのはカメラ部分にあり、深度センサ付きのデュオカメラは 1,300万画素のメインカメラと200万画素のカメラの2つで、撮影後にピントを当て直したり、3D立体視ができるといった普通のカメラでは行えない特殊な効果を適用できます。また、インカメラに500万画素の高画質カメラを搭載しているため、セルフィーも高画質に撮影可能です。

デュアルフロントスピーカーを搭載しており、ハイレゾ音源にも対応。

au2_20140801000534431.jpg

オプション品として「ドットビューケース」が発売され、それを組み合わせて使うとドットの表示を楽しみながらディスプレイを保護し、タッチするとディスプレイを起動して時間などが確認できます。近接センサーを搭載しているので、開くことなく受話器を耳に近づけるだけで自動的に応答できるとの事。

バタフライといえば過去auユーザーの間で人気となりましたが今回はどうでしょうか。

HTC][KDDI
【au】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する