ロシアサムスン「GALAXY S 2011 Edition」発売へ Android 2.3、CPUも1.4Ghzに変更

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ロシアサムスン「GALAXY S 2011 Edition」発売へ Android 2.3、CPUも1.4Ghzに変更

samsung_galaxy_s_plus_i9001-580x385.jpg

ロシアサムスンの資料によると日本でも発売されている「GALAXY S」のマイナーチェンジ機にあたる「GALAXY S 2011 Edition」を発売するようです。GALAXY Sからの変更点は、現在2.2であるOSバージョンを Android 2.3に、CPUを 1.4Ghz 駆動のSnapdragonに変更、バッテリー容量も 1650mAhと 150mAh大きくなった。

samsung_galaxy_s_plus_1.jpg
ディスプレイは GALAXY Sと変わらない 4型スーパーAMOLEDディスプレイをそのまま流用。
販売価格は842ドル(日本円で約7万円前後)と初代 GALAXYよりもスペック分価格も上乗せされたようだ、発売は4月末頃を予定している。
尚、このモデルはロシア以外の地域では「GALAXY S Plus」という名称になるそうです。

同社が発表したこの夏の大本命と思われる GALAXY SIIの発売を前に、続々と新機種やマイナーチェンジ機が登場しています、サムスンでは買い控えなんかは全く気にもしていない様です。

参考:samfirmware / androidcommunity
【SAMSUNG】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する