ソフトバンク、初心者向けのスマフォ「シンプルスマートフォン SoftBank 008Z」を発表

SPONSORED LINK

ソフトバンク、初心者向けのスマフォ「シンプルスマートフォン SoftBank 008Z」を発表

008ztop.jpg

ソフトバンクモバイルが、夏モデルの一つとして Android 2.3搭載のスマートフォン「シンプルスマートフォン 008Z」を8月中旬以降に発売すると発表した。この端末は中国の ZTE社が製造したモデルとなる。
必要な機能のアイコンだけを表示させ1画面に配置するアイコンを6個以内に限定するなど、初心者に使いやすいことをコンセプトに作られている。

ZTE社製 SoftBank 008Z スペック

OS:Android 2.3 Gingerbread
CPU:
ディスプレイ:3.8ンチ (800×480) TFT液晶
メインカメラ:5.03MP フラッシュ付き
前面カメラ:
メモリ:
ストレージ:
マイクロSD:最大32GBまで可
バッテリー:1500mAh
連続待受時間:約550時間(3G)、約450時間(GSM)
連続通話時間:約550分(3G)、約300分(GSM)
サイズ:119mm(H)×62mm(W)×13mm(D)
重さ:約133g
通信方式:GSM方式、WCDMA方式
ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
外部端子類:3.5mmオーディオジャック、microUSB
カラー:シェルホワイト
その他:S!メール、デコレメール、Flash Player 10.1以降 対応
備考:おサイフ機能、ワンセグ、赤外線通信には未対応
※空白は不明です。

前述のとおり初心者にも使いやすいをコンセプトに設計されており、標準のホーム画面には大きなサイズの文字、カラフルなアイコン、ホーム画面には電話帳やメール、カメラなど必要な機能だけを表示し、見やすさと使いやすさを兼ね備えた。

メール、カメラ、ブラウザなどの標準機能については操作の選択肢が少なくなっているので画面通りに操作すれば迷わずに使える。例えわからない事があってもすぐに調べられるよう「かんたんヘルプ表示」機能が用意されている。
らくらくフォンのスマートフォン版という位置付けになりそうです。

歩数計や乗換案内、辞書などの便利なアプリケーションを標準で搭載し、以後のアップデートで地震速報にも対応するとの事。

ソフトバンクとしては初となるSIMロック解除に対応点も注目したい。

008z.jpg

ソース:softbank
【SoftBank】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する